水を得たさかな

人生もっと楽しく生きよう。

MENU

ガーデニングたのしい

もうITとは関わりたくない。毎日お花の世話して暮らしたい。

精神を病んだときに自然を愛する心を知った僕。

最近、本当に植物との暮らしをはじめました。

ハーブ育てはじめました

もともと庭にはたくさんの季節の木や花が揃った庭園になっているんですが、兼ねてから興味があったハーブの栽培を開始。

とりあえず手に入った苗を植えてみました。食べられるものを多めに、オレガノにバジル、イタリアンパセリと普通のパセリ、ミント系。

ハーブはすごい。直植えすると半端じゃない成長っぷりです。

ホームセンターでブロックを買ったりするのも地味に楽しいですね。

また、ハーブは育てばすぐに料理にも使えるので活用中。

画像

もともと家に生えていたローズマリーも初めて料理に使ってみました。

さらにドクダミ茶にもチャレンジ。
雑草のように生えているドクダミも実は”日本のハーブ”。

画像

野菜づくりも

また、野菜づくりにもチャレンジ。
もともとナスとかキュウリとか、親父が畑で育てているのですが、新たにアスパラを植えてみた。
最近はこいつの成長を見守ってます。

ハーブについて学ぶ

そしてついに、真面目にハーブについて学ぶことにしました。
せっかくなので資格を目指します。

ハーブの資格といっても似たようなのが大量にあるみたいです。
中には詐欺もあるかもしれんので、何事もまず調べることが大切。

僕が選んだのはこの2つ。
日本メディカルハーブ協会(JAMHA)のハーバルセラピストの資格。

もうひとつは、日本ハーブセラピスト協会(JHTA)でハーブ検定を受ける方法ですね。

とりあえず僕はハーブ検定の方で行くことにしました。

同じハーブの資格でも内容には若干の違いがあり、ハーブ検定の方はどちらかというとハーブティーに関する部分が強く、実際にハーブティーを入れて嗜好したりしなくてはいけないみたいです。

自分はハーブティーやらハーブ&スパイスで料理やらを作るほうが楽しいのでこちらの方が向いてるかなと。

ちなみに、こんなご時世なので通信講座を選択、自分で勉強してレポートを送信して添削してもらうスタイルですね。まだ最初のレポートを提出したところですが、ちゃんとコメントされて返信が来たのでよかったです。

園芸療法

もうこれは園芸療法(ホーティカルチュラルセラピー)ですね。

僕のメンタルはすでに回復してますが、身を持って実験中。
これは効果ありますよ。

自然に目を向けるのは、人間関係に疲れた現代社会人には特に試して欲しい。週末に疲れ切ってなんの気力も無く寝ているなら散歩してそのへんの草を見るだけでもいい。
クソみたいな人間と違って植物はいいぞ。僕はそうしてメンタルを回復した。

末期には勤務時間なのに抜け出して花を眺めたりしたものだ。

ハーブセラピストになりたいのには、病んじゃってる皆にそういうこと伝えようという意思もあるのだ。

Copyright ©Sakana3g All rights reserved.

プライバシーポリシー