水を得たさかな

人生もっと楽しく生きよう。

MENU

番茄炒蛋

番茄炒蛋(ファンチェチャオダン)はトマトと卵の定番のやーつ!

中国では本当に定番の家庭料理で、中国人が最初に覚える家庭料理とか言われてるみたいです。
日本でいうと「家庭料理の定番といえば肉じゃが!」みたいなポジションなのでしょうか。
栄養価もよく素晴らしい料理です。

 

先日はキクラゲの余りがあったので、ググって一番最初に出てきたCookpadのやつを参考にしてみました。
もう日本にもすっかり浸透している料理ですね。

f:id:Osakana3k:20200915222251p:plain

 

中華鍋になる前なんで結構前のやつですが、こんな作り方もオススメです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sakana3k(@sakana3k)がシェアした投稿 -

これはどっかの本で読んだのですが、卵白を泡立ててフワフワ感が増すようにしています。

適当にネギ,生姜とトマトを炒めて水分を飛ばした後、
卵を入れて混ぜるように加熱していく感じ。味付けは塩のみですね。

 

定番の作り方は、先に半熟のスクランブルエッグを作って一旦別の皿に取り置き、トマトを炒めた後に卵を戻すっていうのが多いようですが、まぁそんな気にする必要はなさそう。結構アレンジが効く料理みたいです。
ケチャップを加えたり、片栗粉でとろみを付けたりすることもあるみたい。

 

ちなみにですが、僕はトマトを使うときは大体皮むき(湯むき)しています。
これもそんなに気にする必要はありませんが、硬いし、愚かなる人類はトマトの皮を消化できないですからね。

 

参考動画

この辺でしょうか。あとは僕がいっつも見てる先生!


西紅柿炒蛋(シーホンシーチャオダン)とも呼びます。