水を得たさかな

人生もっと楽しく生きよう。

MENU

水煮肉片

f:id:Osakana3k:20200727155156j:plain

水煮肉片(シュイジューロウピエン)は、薄切りの肉を油入りの汁で煮込んだ中華料理。

日本的には”水煮”というと、サバの水煮缶とかあっさりしたイメージをしがちですが、
味はとっても麻辣(マーラー)な四川料理です。

肉が牛肉の水煮牛肉(シュイジューニュウロウ)とかもよく見かけますね。

 

参考にしないほうが良い動画

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sakana3k(@sakana3k)がシェアした投稿 -

四川省ではとっても一般的な料理らしい。

作り方は結構簡単で、
適当な葉野菜や豆もやしなんかを炒めて、豆板醤入りの辛いスープを作って肉を煮込んだ後かけるだけ。
ただ最後に唐辛子、プラス、本来であれば花椒,ニンニクなんかを散らしたところに、
熱した油を回しかけるところがポイントです。

ちなみに僕は間違えて野菜茹でてますけど、
野菜炒めじゃないとシャッキリ感や香ばしさが違うと思いますね。はい。 

あと花椒は結構がっつり使わないとダメですね。痺れが足りませんでした。
僕は今回、辛すぎるとダメな人たちがいるので控えめに。
上に乗せてる緑のパクチーっぽいのも、パクチーに見せかけたただの三つ葉です。

参考にしたほうが良い動画

僕がよく見ている先生の動画はこれ。

後で気が付きましたけど、スープは片栗粉で多少とろみを付けるんですねぇ。

また、肉を柔らかくしたり、鍋への焦げ付きを抑えるためにも肉の下処理は重要ですね。