水を得たさかな

人生もっと楽しく生きよう。

MENU

直売所で出会った食材たち

僕は道の駅野菜直売所を巡るのが趣味だ。

スーパーで買うよりも新鮮な野菜が安く大量に手に入るため、料理をする人にはオススメだ。
最近はそのためにわざわざ遠くまで行かなくとも、町中にJAの支店があることだろう。

 

そんな直売所では、スーパーでは見かけない珍しい食材が売られていることがあって、それがとても楽しい。

これまでに僕が出会った美味しい食材をまとめておきたいと思う。

 

青パパイヤ

画像

この緑色のやつ。パパイヤというと黄色い果物を想像するかもしれないが、
その熟す前のものが青パパイヤ。サラダや炒め物にして食うらしい。

画像画像

基本的に下処理としては皮をピーラーなんかで剥いた後、
中に入っている種をほじくり出す。ちなみに青パパイヤを切ったりしたときに出る白い汁は手につくとかぶれることがあるらしい。

何度か食ったことがあるが、結構な歯ごたえがある。
なのでスライサーやピーラーにかけたり、千切りにして薄く細くカットした後、
アクも結構強いので、水にさらしてしっかりアク抜きをする。

沖縄では普通に食われてるポピュラーな食材らしい。

 

四角豆

image0.jpg (1108×1478)
こいつもかなり歯ごたえがよく、炒めたりしてもシャキシャキしている。
農家の人のメモ書きの通り、てんぷらにしたり下茹でしてサラダにするのも良いらしい。
正直まだ1回した出会ったことが無いが、こいつはなかなかに美味かった。

これも沖縄では「うりずん豆」と呼ばれ、普通に食われている食材らしい。

 

オカワカメ

f:id:Osakana3k:20200725133639p:plain
夏頃にめちゃくちゃ売られていた記憶がある葉っぱ。
ワカメの名のとおり、火を通すとぬるぬるしてくる。

栄養豊富で素晴らしい野菜らしい。
こいつも炒めものにしたりてんぷらにしたりするのがオススメ。

火を通す前にきざんでいると、夏場におっさんが芝刈りしているところのようなめちゃくちゃ草の匂いがするが、火を通すと匂いも無くて美味。

ちなみにグリーンカーテンとしても活躍しているらしい。

 

アイスプラント

画像

こいつは最近見つけたマジでオススメの食材。

葉の表面の水滴のようなものは葉の一部。
こいつのスゴイところは野菜の青臭さや渋みとかが一切ないところ。
なので水で洗って生でモシャモシャ食うことができる。
ちぎってサラダに入れたり、おなじみてんぷらにして食うのがオススメらしい。

そんな感じでかなり食べやすいのに栄養はしっかりあるという素晴らしい食材なのだ。
アイスプラントググると、こいつ自身が塩分を含んでいて塩味がするというのを見かけるのだが、モシャモシャ食ってても正直わからない程度だった。

流通が少なく、通販で買うと高いらしい。
直売所で買えば1パック150円前後。

 

てんけいこ

画像

正直ここからは栃木県限定の可能性がある。

これは普通のしいたけの数倍のデカさがある巨大しいたけ「天恵菇」
でかくなって大味になるのではなく、旨味成分も通常のしいたけから倍増している。

これは食感も香りも良くてマジで美味い……。マジで。

通販で買おうとするとクソ高いが、きのこ王国栃木県だとそのへんに売られていて3個で500円だった。

 

イノシシ肉

画像画像

栃木県ではイノシシがその辺の歩道を走ったりしているので、
肉も普通にそのへんに売られている。

豚をイメージしがちだが、豚肉のような脂っぽさは無くて硬いが甘味のある肉。
やはり獣臭さはあるのでしっかり調理する必要がある。

自分はとても好きだ。よく買って食ってるので体が求めているに違いない。

栃木ではこの「八溝ししまる」マークで直売所によく並んでいる。

今回調べてわかったが、八溝って山のことだったんだ。
別の産地のイノシシはまた味が違うと話に聞いたことがあるのでぜひ食ってみたい。

 

印象深いのはこのあたりだろうか。
数年住んだ栃木県、来月には引っ越してしまうので少し残念だ。

最後に栃木の道の駅情報。

天恵菇が買える道の駅はココ!

そしてイノシシが買える道の駅はココ!

僕が知っているのはこのあたり。
イノシシがメインで売られているのは「ばとう」
どちらも人気のジェラート屋があるのでオススメだ。

他にも栃木には観光案内でよく取り上げられている
「きつれがわ」や「ろまんちっく村」などがあり、それらもオススメだ。

 

栃木県最強!!