水を得たさかな

人生もっと楽しく生きよう。

MENU

最近のグルメまとめ

サボリ気味のブログ
最近食べて印象深かったやつを皆にもオススメしておこう

ヤマブシタケ

山伏茸(ヤマブシタケ)という、テレビでもちょっと話題になったらしいキノコ。
直売所で見かけて面白そうなので買ってみました。

お鍋に入れて食べてみると、非常に柔らかい触感。
独特な香りとかも一切なくて癖がなくて食べやすい。

中国では珍味とされているようです。

認知症予防に光明!注目の菌活ガイド【きのこのホクト監修】

また、ヤマブシタケに含まれるヘリセノンという成分は脳を活性化させる働きがあるとか!

ハスイモ

これも直売所で見かけて買った謎の食材「はすいも」

シャキシャキした食感が楽しめて、これもあまり癖はない食べ物だった。
穴ぼこがたくさん空いているので汁物に入れると味を吸って良いらしい。

だいたいこういう謎の食べ物は沖縄出身なんですよね。
沖縄から導入されたため、別名「リュウキュウ」だそうです。

現在では高知や徳島などでの栽培が主らしい。

刺し身の飾りにも使われている。 

ちなみになぜか1月に売っていたので買ったが、ハスイモの旬は夏であり、ぜひ旬にもう一度食べてみたい。

のげのり

前に千葉の「はばのり」が美味いと紹介していたが、これも美味かった。
千葉の「のげのり」

調子名産。素晴らしい磯の香りとコリコリとした食感で汁物に入れると最高だった。

これはまた食べたい。

やげん堀の七味

これは結構有名ですが、やげん堀の七味、初めて味わってみたんですよね。

やげん堀 七味唐辛子本舗-オフィシャルサイト

やげん堀の七味は危険。

というのも、これを知ってしまったらもう普通の七味唐辛子は使えませんわ。

なんというか、普通の七味と比べたら香りが別格です。
マジでもう七味はこれしか使えんと思って、最初に買った袋を使い切ったのでまた買いに行きました。

なお買ってからすぐに使い切らないと香りは落ちていくようですね。

ちなみに、やげん堀の七味といったら売り口上が有名!

今はコロナ禍で厳しそうですが、ガマの油だとかこういうの大好きなんで一度見てみたいですね。

潮来の醤油

写真が残っていないのですが、偶然に潮来(いたこ)の道の駅で買った醤油が、香りがめちゃくちゃ良くて美味しかったです。

小さい卓上醤油を買ったのですが「あれ?なんだこの醤油美味いぞ!」ということで、また買おうと思ってネットで検索……するとあまりヒットしない。
こういうのは通販とかすぐ出てくるものじゃないのか?

「丸大豆醤油 潮来」というやつだと思うんですが、もしかしてこれ通販とかないんでしょうか?
ふるさと納税でもらえるってやつはあったんですが、たぶんこれです!

ぶっちゃけどう美味しかったのかイマイチ覚えてないんですけど、「この醤油は違うな!」と思ったのは覚えているので、これはもう一度潮来に行って購入して確認するしかないですね。

ジョセフィーヌ

ところで潮来は茨城県ですが、千葉県にもこういう感じの幻のドレッシングが存在しているのをご存知だろうか。知る人ぞ知る「ジョセフィーヌ」。

まぁ、今ではテレビとかでも紹介されて結構有名になりました。
おかげで非常に入手困難です。

買おうと思えばAmazonでも買えますが、ぶっちゃけこれ馬鹿高いです。

このジョセフィーヌ、実は千葉県の成田,佐原方面に存在するスーパー「セイミヤ」で取り扱われており、ここならAmazonの半額以下の価格なんですよね。

チラシ・店舗情報│スーパーマーケットのセイミヤ

ただし、非常に人気であり、お一人様1本とかの購入制限があるにも関わらず大体売り切れてます。

ちなみに肝心の味なんですが、確かにこのドレッシングは美味い!

ご存知だと思うが、僕はどういう味とか風味とか説明するのは下手なんで自分で味わってみてとしか言えないんですが、美味すぎてそのまま飲めるとか言ってる人がいるくらいですね。

マジで買えないときは買えないので、検索すると再現レシピとかが出てくるくらいです。

ぜひお試しあれって感じですね。

スーパーではあまり見かけない野菜に関するメモ

食べてみて印象に残っているやつをまとめてみました。

葉っぱ系

○○菜はいっぱいありすぎて、あまり印象に残ってない。

オカワカメ

陸のワカメ。加熱するとワカメのようにヌルヌルしてくる葉っぱ。

つる性の植物でグリーンカーテンとしても活躍しているらしい。

火を通す前にちぎったり刻んだりすると、夏場に作業員が草刈りしているところのようなにおいがするが、火を通せばにおいも無く、味は結構美味しい。

画像

オカヒジキ

陸のヒジキ。オカワカメと合わせて勝手にオカシリーズと呼んでいる。

最近はスーパーでもたまに見かける。

これといった味はなかったような気がするが食感は良い。

調理する際、下の方の硬い部分はちゃんと処理したほうが良い。
火を通しても枝のように硬くて食べることができない。

画像

ツルムラサキ

夏場にスーパーにも出回ってるのを見かける。

オカワカメはツルムラサキ科であり、こいつの仲間らしい。
ツルムラサキも加熱するとヌルヌルしてくる。

味は結構美味い。

栄養価が高く、葉物が少ない夏には役立つ野菜らしい。

画像

アイスプラント

若干グロい見た目をしている葉っぱ。

水滴のようなものは葉の一部であり、塩分を含んでいる。
そのため何もしなくても若干の塩味が効いている。

青臭さやクセなどが一切なく、洗って生でもりもり食べることができるためサラダによく使われるらしい。シャキシャキというかパリパリとした食感で美味い。

何度か食べているが、味は美味いのと不味いのがある。
塩分の量とかの問題なのだろうか?一体どれが標準的な味なのかは未だに不明である。

それとも塩分ということで、実はこちらの体調が影響しているのだろうか?
よく薬局で売っている経口補水液OS-1は、体が求めていないときに飲むとただの塩水だが、体が欲しているときに飲むと非常に甘く美味しい。それなのか?

画像

ツルナ

ツルという名前だが、ツルとは関係なく、なんとアイスプラントの仲間である。

食感はアイスプラントと同様にパリパリしている。

アイスプラントと違って茹でて食うのだが、正直あまり美味くない。
これだけで食べると味は無である。

画像

ターサイ

見つけたときはその見た目にびっくりした野菜。

中国野菜で、搨菜(ターツァイ)という。チンゲンサイの仲間。

しかしチンゲンサイよりもクセがなくて美味しい。
生でも食べることができるらしい。

前に買ってきたときは、すぐにバラして食べたから良かったが、このままでは場所を取るという意味で保存が大変そうだ。

f:id:Osakana3k:20210124221112p:plain

画像

沖縄からやってきたやつら

四角豆

沖縄では「うりずん豆」と呼ばれている豆。

加熱してもコリコリとした歯ごたえがあり、食感良し味良しで美味いやつ。

画像

青パパイヤ

パパイヤというとフルーツのイメージがあるが、完熟前に収穫したのがこの青パパイヤ。

栄養価が非常に高いと注目されているらしい。

下処理が大変という記憶が強い。
硬くて切るのが大変で、また、切ると出てくる白い液体は、人によっては素手で触れるとかぶれるらしい。

味は好き嫌い分かれそうな気がしたが、調べてみると、「硬いキュウリのようだ」という感想が出てきた。確かにそんな感じかもしれない。

画像

画像

一般的なのとは別のタイプ

金時にんじん

別名「京にんじん」

我々が普段見かける一般的な人参は西洋人参であり、こいつは東洋系である。

西洋人参に比べると、身が柔らかく、甘い。しかしながら繊維質なため煮崩れづらいという特徴があり、地域によっては雑煮に使われるらしい。

また、色がとても赤く、赤といえばトマトでおなじみのリコピンを豊富に含んでいる。

画像

サボイキャベツ

僕がグロキャベツと呼んでいるキャベツ、別名「ちりめんキャベツ」

ヨーロッパではこちらの方が身近なキャベツらしい。

葉はご覧の通り縮れており、一見柔らかそうに見えるが、水分量が少なく一般的なキャベツよりも逆に硬い。

味は一般的なキャベツよりもクセが少なくて食べやすい。

煮込んでも煮崩れしづらいため、「ロールキャベツにすると良い」と出てきたので調べてみたら、体内から摘出された何らかの臓器みたいなロールキャベツが出てきて笑ってしまった。

画像

画像

謎の芋

アピオス

見かけるまで聞いたこともなかった芋。

僕が知らなかっただけで、知っている人は知っているらしく、「食べたことある」という声が多かった。地域によるものなのか?クックパッドにもそれなりにレシピがある。

皮ごと茹でたり揚げたりして食える。ちょっと硬くてパサパサしているジャガイモって感じか。
しかしジャガイモよりも栄養価が高いという素晴らしい食べ物らしい。

画像

人気上昇中の激ウマ野菜

祝蕾

祝蕾(しゅくらい)は、春の訪れを告げる野菜。

偶然見かけたときに買ってみたが、これはマジで美味い。

芯の白い部分は、柔らかいブロッコリーの芯のような感じだろうか?
コリコリとした食感があって美味い。

最近の僕のオススメ野菜。

画像

改めて見つけた千葉の食材について

千葉県民がここ最近改めて見つけた千葉の“食”

最近のオススメ食材

はばのり

「はばのり」は千葉では有名であり、縁起物として、正月の雑煮にはこの「はばのり」を使用します。
磯の香りが強く、これを雑煮に入れると風味が良くて非常に美味しいです。
なお希少な海苔で、値段は1枚1,000円以上もする高級品です。

しかしながら、この高級品「はばのり」。年配の方に聞いてみると、昔はこちらの方が普通の海苔より安かったから使っていたと言っています。

一般的な海苔と比べると見た目が悪いため、当時は市場に出回るものではなかったんですね。

くじら

鯨は別に美味いものではないという人も多いですが、僕は好き好んで食っていますね。

千葉には有名な鯨の店「くじら家」があります。

昔は鯨肉を食ったり買ったりするためには、南房総のこの「くじら家」あたりまで行かなければならなかったのですが、最近は道の駅とかで普通に売っているのを見かけます。

特に人気なのは、やっぱり鯨ベーコンだと思いますね。
僕もこれが一番美味いなと思います。

後は、鯨というと竜田揚げをイメージする人が多いようです。

f:id:Osakana3k:20210121222200j:plain

というのも、「鯨の竜田揚げ」は昔は給食の定番メニューだったらしいですね。
僕はその世代ではないので食べたことがないですけど。

個人的には竜田揚げは固くてあまり好きではないのですが、大好きだという人は多いですね。

ところで鯨肉というと、一時期は捕鯨の問題が騒がれていましたが、日本は国際捕鯨委員会を脱退、現在は調査捕鯨という名目ではなく、商業捕鯨が再開されています。

なお捕鯨量が増えて鯨肉が安くなったりしたわけではないようです。

根芋

家では定番だったため、「根芋」が千葉県の特産だということに最近まで気がついていませんでした。

この「根芋」という食べ物、なんと全国でも千葉県の柏市でしか生産されていないらしいです。

僕の感想としては、やはり長ネギのような食感と里芋を融合したような食い物ですね。
汁物に入れたりするとなかなかに美味いです。

ただ、ホームページを読んでいたらそこにもしっかり書いてありましたが、「根芋」は非常にアクが強いです。アク抜きしっかりしないと食えません。
アク抜きをしないで食べると、喉の奥の方までピリピリして痛いというか、なんかやばいです(経験あり)

オススメの道の駅

千葉のアレコレがめちゃくちゃ揃ってる。わりと新しい道の駅「うまくたの里」です。

千葉の特産品がだいぶ揃ってます。千葉県民が言うのでたぶん間違いないです。

アクセスが楽で、木更津東ICを下りてすぐ近くなんで寄りやすくて良いと思います。
ただ周りは何もないですね。マジで。観光地の東京ドイツ村がそこまで遠くないといえば遠くないか……。

ホームページを見るとわかるかもしれませんが、結構オシャレを目指しているところがあって、特産品を買うには品揃えがめっちゃ良くてオススメですが、野菜を買いたいって人には、個別包装されていたりしてちょっと高いかも?

野菜を買いたい人は、わりと近めのところにJA大きな野菜直売所があるので、ここがなかなか良い感じ。

ついでに栃木も

なんだかんだ栃木にも一人暮らししていたので、あれこれ食って周りました。

栃木の良いところもたまに紹介したりしてますよ。

巨大しいたけ「天恵菇」についてはこちら!

よく見ている中華料理YouTubeチャンネルのまとめ

僕がよく見ている中華料理YouTubeチャンネルのまとめ

f:id:Osakana3k:20201221140657p:plain

日本

公益社団法人日本中国料理協会

『中華の鉄人』陳建一シェフから学ぶことができる素晴らしいチャンネル。
最近始まった「おうちで食べチャイナ」という、家庭でも出来る本格中華の動画は必見。

中華一筋

見ていると食欲をそそられる。
そして、料理を食べる「まかないガールズ」が可愛いチャンネル。

 レシピ本も出版されています。

NagasakaMatuo

四川料理の調理師、長坂松夫さんのチャンネルなのですが、
レシピや調理のポイントを丁寧に教えてもらえるのでとても参考になります。


中国 

中国の動画は字幕ONで視聴しています。中国語はわかりません。

日本語字幕がない場合でも、何かしらの字幕が付けられていれば、
動画右下にある設定から、字幕>自動翻訳>日本語を選択することで、大体の内容は理解することができます。

f:id:Osakana3k:20201220213543p:plain

美食作家王刚

僕がYouTubeで最も好きなシェフ、Wang Gang。

本格的な中華料理と、調理の際のポイントを1つ1つ丁寧に教えてくれる素晴らしいチャンネルです。

老饭骨

おじさんたちが楽しそうに料理を作って食べてるところが大好き。

北京ホテルのシェフだそうです。
家庭料理から古の料理までいろいろ紹介してくれます。

老東北美食

最近よく見ているチャンネルで、
「おー、こんな料理もあるんだなぁ」というのを知ることができて楽しい。

家常菜日记

お手軽家庭料理で、動画のアップロード頻度がめっちゃ高いから見てる。
そのため旬の食材を使った動画をアップしてくれるのでそこが良い。買ってきた食材をどう調理するかの参考になる。

大叔食记

上に同じく。
野菜の見分け方や食材の保存方法なども教えてくれるところが良い。

見て楽しむ系

超小厨

家のキッチンで調理して家族団らんで食うやつ。
これになりたい。

山药视频

中国の大自然の中で料理して食うやつ。
おふざけが多い。美味そうに食うところが最高。

柿を料理に使ってみたら失敗した話

柿は非常に栄養価が高く、素晴らしい食材ですね。

田舎なので家に柿の木があり、季節には腐るほど採れます。

桃栗三年柿八年というので、柿が実る立派な柿の木があることは凄いことなんですけど……、柿は採らないと落ちてグチャグチャになるから放置できないし、落ち葉は肉厚で片付けるのが大変で困ります。

せっかくなので、そんな柿を何か料理に使えないかと考えたのがこれです。

実際、柿を肉料理の下味として使うことはあるらしいです。

かの有名な韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』でも、肉の下味に砂糖ではなく熟した柿が使用されていることを、チャングムが見抜く場面があります。「熟した柿は砂糖より甘みが柔らかく淡白」だとか。

そして実際にやってみたのがコレ。

画像

これは……、普通に美味しい!
ちなみにオレンジのやつは人参で、柿はたぶん溶けて見えないですね。

味もチャングムでなければわからないかと。
カレーとか煮込み料理に使ったら良さそう。

しかし、ここでひとつ失敗がありました。

画像

親は「見えない」と言って美味しいと食べていましたが、
よく見ると非常にグロテスクな黒い点々があります……。気になるともうアリが這っているみたいで気が気じゃない。

思い当たる原因はひとつしかなかったので、調べてみるとこれですね。

黒い斑点は、柿に含まれるポリフェノールの一種「タンニン」が鉄分と反応することによってできた「タンニン鉄」みたいです。

柿を鉄鍋で調理してはいけなかった!

鉄鍋に刻んだ柿をほおり込んだことで、この黒いのが大量に生成されてしまったんですねぇたぶん。

鉄製の調理器具を使用しなければ、こうはならないと思います。ググると柿の炒め物のレシピとか出てきますし。

いろいろある柿レシピですけど、いちばん楽で美味しいのは、やっぱ「柿ヨーグルト」ですね。刻んでヨーグルトにぶち込むだけ!

画像

今年はこれでいっぱい食べました。

これで病気の予防はバッチリ。

皮付きの豚肉について

中華料理でよく使用される皮付きの豚肉ですが……、日本のスーパーにはなかなか売られていません。

先日はじめて売っているスーパーを見つけて感動しました。

f:id:Osakana3k:20201206163017j:plain

豚の皮には豊富なコラーゲンが含まれています。
角煮などを作る際には皮付きのものを使用した方が断然美味しいです。

どうして皮付きの豚肉は売っていないのか?

最近はスーパーでも売ってないことは無いみたいですね。実際ぼくも購入できましたし。

ただ、どうも調べる限り国産では皮付きの豚肉というのは流通していないようです。確かに僕が購入したのも米国産でした。

皮付きの豚肉は、沖縄に行く、もしくは、精肉店をめぐるというのが出会える可能性が高いようです。沖縄では皮付きの豚肉も普通に売られているらしい。

確かに沖縄には、郷土料理の1つに「ラフテー」という皮付きの豚肉を使用した角煮料理がありますね。ラフテーは中華料理の東坡肉(トンポーロー)に非常によく似ています。

豚の皮は美味しいの?

めちゃくちゃ美味いです。手に入るなら皮付きの豚バラ肉を購入したほうが絶対に良い。

豚の皮は焼けばカリカリ、煮込めばトロトロ……。


【超小厨】卤五花太上头,今天换“脆皮五花肉”,配根大葱,卡磁卡磁,香!!


How to Make Chinese Braised Pork Belly l 東坡肉

どうしても必要なら通販が一番速い気がしますが、通販で食材を買うってやったことがないので、なんとなく抵抗がありますw

Copyright ©Sakana3g All rights reserved.

プライバシーポリシー